2011年03月31日

義援金の行方と本当の被災地の現状

 
後々の復興の為の資金も必要だと思うのだが、
今、必要とされているものが届いていないとしたら・・・

募金や支援物資を預けた人たちの今の思いが
未だ現地に届いていない事にもどかしさを感じる。



『清水国明の多毛作倶楽部』

『西会津 キノコのママの絵日記』


現地での混乱を防ぐ為なのか、
『手助けして欲しい』声と、『お手伝いしたい』声を繋ぐパイプが
公的には配備されていないのが現状。


募金箱にお金を入れて『少しでも役に立てた!』と思ったら
まだ全然、被災地には届いていないのだという事だ。

自分たちで動こうにも、そういう情報が乏しすぎて・・・



posted by 神井 夙 at 11:52| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

祈り





世界中が日本を応援してくれている。


我々日本人は、いつの間にか文明国≠ナあるのだと
発展途上国に対して上から目線で接していなかったか?

地球上に生息する生き物たちは、自然の猛威にはすこぶる弱い。
この共通点だけで、世界中の人たち・・・生き物たちは平等なのだ。

彼らの応援をまっすぐに受け止めて
私たちは必ず復興しなければならない。


変なパニックや買い占めなどのセコイ日本人の実体は
辛うじて世界には知れ渡っていない(笑)

世界中の人たちが信じている日本人はスゴイ≠
やってのけてみようではありませんか☆




posted by 神井 夙 at 17:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

計画停電に備えて【照明編】

 
関東一円がパニックである。

ガソリンスタンドは長い列を作り、
食品販売店の棚は部分的に空っぽ。
乾電池まで品切れを起こす。

被災地に一番必要とされているものが
近郊都市で買い占めに走っているので
普通の生活をしているフリして
心情かかなりすさんでいるように感じる。


第3地区に属するこのエリアにおいて
本日の停電は、18:20から22:00まで。

単3電池は沢山あるが、照明に使われるのは
ほとんどが単1電池。 その在庫があまりない。

買いに行ってもすでにどこの店も完売している。

で、作るしかない☆



自宅にある懐中電灯は単1電池2本が入る。


単3電池3本をセロハンテープでくくり、縦2列に繋げ
両極に通電可能なワッシャーをかませた。


緊急単1電池



単1電池より短い為、懐中電灯に入れると多少の空間が出来るので
ネジを放り込みキャップを閉める。

カラになったナッツの容器で即席のランタンを作り、
穴を開けたフタに懐中電灯を突っ込み、出来あがり。


緊急ランタン

小学生の工作レベルで出来る。

単1電池が手に入らなかった皆様、ご参考までに☆

posted by 神井 夙 at 16:32| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震


11日午後2時46分ごろ、東北地方で震度7の地震が起きた。
気象庁によると、震源地は三陸沖の牡鹿半島の東南東130キロ。
震源の深さは約10キロ。
地震の規模を示すマグニチュード(M)は8.8。
震度速報で宮城県北部で震度7、福島、茨城、栃木県などで震度6強、
岩手、群馬、埼玉県、千葉県で震度6弱を記録した。



まず・・・

数名の方から安否を気遣って頂いておりますが、
自分たちは大丈夫です☆


【2011年03月11日(fri) 14:46】

この時間、自宅で寝そべっていた。
変な姿勢をしていたので自分が痙攣してるのかと思ったが、
電灯や額縁が揺れているのを見て地震だと認識。
最初は微震だった横揺れがいつまで経ってもおさまらず、
家の柱の繋ぎ目が壊れやしないかと心配になる。

台所でフライパンが転がり落ちた他は、幸いにも何の被害もない。

体感時間で1分ほど揺れ続けただろうか。
ガラス窓越しに外を見ると、電線が思い切り揺れていた。

ついに関東にも来たか・・・。


先ほどまで韓国ドラマを映していたテレビは地震速報に変わる。

大奥は仕事から、子供たちは学校から帰ってきていない。
実家などに電話をしてみるが、どこにも繋がらなかった。

そんな事をしている間にも断続的に余震が起こる。

近いし様子を見に出るにも、外が混乱している事を想定すると
安易に飛び出さない方が良かろう。

子供たちは、6時間目の途中で地震が起きたという事で
部活も中止になり、早々に帰宅。

2時間ほどしてからバイクで実家へ向かった。
電車が不通になってしまっているので、踏切が閉じているところが数箇所あり、
多少、車が混雑しているものの、渋滞や混乱は起きていない。

実家に着くと、母と姪がごく普通にいるのでひと安心する。
父はというと、よりによって電車を利用して遠方の耳鼻科に通院しているため
目下、帰宅できない状況との事。
携帯電話も持っていないので連絡さえ不可。
もっとも電話を持っていたところで繋がらないから同じなのだが・・・。

子供への土産に菓子類を貰い、帰路についた。


こんな事態を想定すると、無線機の設置を考えておいた方が良いのかも知れない。


居住区周辺は停電もなく、事故や火事も起きなかった事は幸いであった。
20kmと離れていない地域では大惨事になっているニュースも流れた。



今回は津波による事故が多いようだ。
まだまだ報道が続いている。
すでに亡くなられている被害者の方もいるが、
最小限の災害で済みますように。


posted by 神井 夙 at 02:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。