2011年05月27日

遺伝

ダイソー

某100円均一ショップにて


おもちゃ売り場の売り物で遊ぶ娘たち・・・。

後に、その父親が隣に並ぶ(^^;)



posted by 神井 夙 at 07:59| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | うちの三姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

ツーリング用 ルート設定

 
こんなコースを考えてみたのだが
どんなもんだろうか?





posted by 神井 夙 at 01:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

死んではいけない


『自分は不幸だ』

そう思う瞬間は 誰にでもある事


人間は考える動物であるから
余計な事を考えすぎる傾向にあって
自らを追い込んでしまう

また そんな人間の弱い部分を利用して
悪いヤツは優しい人をトコトン追い込んだりもする


そんな優しい人たちに
ひとつだけ伝えたい事があるとしたら


『自ら 命を絶ってはいけない』



安らかに・・・
posted by 神井 夙 at 08:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

明日は母の日

 
毎年何かをしている訳ではない。

むしろ忘れている時が多く、たいてい過ぎてから
『あ、母の日過ぎちゃったんだ・・・』とか思う。

父の日も、敬老の日も然り。


感謝はしているのだが、それを形に表すのって
なんて難しいのだろう。

いや、難しく考えすぎているのか・・・?


前の会社の時は、こういう年中行事に便乗して
いろいろと販売の作戦にしていたから
日程的には頭の中のカレンダーにはインプットされてたものの
いかんせん、流通業は土日祝日は仕事なもので
プライベートなイベントにはなかなか参加出来ない事もあった。

母の日だから母に感謝の気持ちを贈ろう、だとかって
商戦の香りがぷんぷんと漂っていて
いまひとつ好きにはなれない。

思い立った時に、思いついた事をするのが当然のような気がするが
母の日に子どもから何もない母親の気持ちって
やはり淋しいものだろうか・・・

父、や祖父母なども・・・


そう言えば、一昨日の子どもの日に娘たちには何もしてあげてないが
3,4日にちょびっと連れまわしたのは無効になってしまうのだろうか?


いずれにせよ

お母さん、いつもありがとうございます☆


『ロンド』 オフコース
posted by 神井 夙 at 18:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

戸隠の里



世間ではGWなのに、生産管理の下手くそな工程のせいで
自分だけ5月1日まで仕事に行く羽目になる。

しかも、その担当は『体調不良』とかで
28日の午後より早退し、優雅に連休をむさぼっている。

明らかに計画的だ(- -メ)

コイツの尻拭いで、彼の上司たちも出勤してるという
明らかにヘンな体質の会社。

2日も仕事になる事が確実だったが、フザケンナ!
・・・という事で、強引に休暇をとった。



『GW中にどこかへ連れてって』という家族の声に
『どこがいいのだ?』という質問を投げかけたところ
『戸隠神社』との回答。
パワースポットに行きたいという。

長野県内という認識しかなく、地図で検索したら、
かなり富山県寄りではないかっ!

『いいよ』なんて安易に応えてしまったが
本来なら日帰りで行く環境ではない。

でも・・・



【2011年05月04日(wed)】
7:30 自宅を出発。

次女は部活をお休み。
途中、顧問に電話をする為に10分間ほど停車する。

最近、土日祝日の関越道の下りは練馬から花園付近まで渋滞するので
一般道で深谷市まで走り、道の駅で休憩をはさみ花園ICから高速に乗った。

車は多いが順調に流れ・・・なかった。

本庄児玉IC付近からトロトロになる。
ナビをみると、関越道の上りの渋滞表示が藤岡JCTまで続いている。

・・・って事は、その渋滞の列とこちら側の渋滞の列が合流して
上越道が大渋滞する・・・という事か!

中央道は間違いなく大渋滞している時間帯なので避けたが
上越道の渋滞まで予測できていなかった。

吉井ICを過ぎたあたりまで渋滞し、流れ始めるも
軽井沢付近でまた渋滞・・・。

また流れて、また渋滞・・・を繰り返し、長野ICで高速を降りた。

この時点で12時・・・。
ここまで実に5時間かかっているが、距離が距離だけに当り前か☆

昼食にしようという事になったのだが
IC近くのドライブインを逃したら食堂らしき店を見つけられなくなった。

せっかく遠方に来たからファミレスになんか入りたくないのと
地元の美味しい店を探そうと思ったところで土地勘が無いので
見つけられる訳もなく戸隠神社へ向かう山道へ呑みこまれて行った。


途中、『トイレに行きたい』と言われても、こんな道には・・・。


あった!!

小さな部落のバスの待合室にあった。
駐車スペースも5台ほどある。

戸隠豊岡付近.JPG

トイレ休憩の間、次女と車の外でお話なんぞをしていると
遠くからスピーカーで言いながらこちらへ向かう車があるようだ。
カーブの先なので視認は出来ないが、どうやら焼き芋屋さんらしい♪

次女に『食べてみる?』と聴いたが迷っている感じだ。

焼き芋屋さんが見えて来たので、停車させ購入。


ちょうどトイレから戻って来た連中と車に戻り、
走りながら食べるホクホクの焼き芋♪

(あ・・・。オレ、小指の先くらいしか食べてないたらーっ(汗)

みんな満足そうだったからいいか・・・。


13:00 戸隠神社 到着。

戸隠神社 01.jpg


神社の前の道も渋滞していて、さらに駐車場も満車状態。

中社を過ぎたところに無料駐車場があるのだが、警備員に
「前に4台ほど待っている車がありますが」と言われたけど
そのまま待つ事に。

30分ほど待って、ようやく駐車スペースに入れた。


まずは、中社から見学。

戸隠中社 01.jpg 戸隠中社 02.JPG 戸隠中社 03.jpg

戸隠中社 04.jpg


塗装処理を施していない社は風格と歴史を感じさせる。

何か得体のしれない威圧感に圧倒されるのも
パワースポットと言われる所以か。

ここでのお参りを済ませ、昼食をとる事に。

軒並み蕎麦屋さんで、クチコミで絶賛だった蕎麦屋さんは
行列を作っている人で終了との事。

他を探し、蕎麦屋さんへ入る。

蕎麦屋さん店内.jpg

サービスで最初に蕎麦団子が出る。

美味い☆


しかし、肝心の注文の品はなかなかやって来ない(;´Д`)=3

30分ほどしてようやく出て来た。
※空腹の為、画像なし


さて、いよいよ奥社の方へ行ってみますか!!


地図で見ても離れた場所に位置する。
奥社のはるか手前の入口の鳥居までも
中社から1km以上はある。

奥社までの道 01.jpg 奥社までの道 02.jpg 奥社までの道 03.jpg

奥社までの道 04.jpg 奥社までの道 05.jpg 奥社までの道 06.jpg


ここまでだけでもかなりいい運動になる散歩道。


しかし、本当の試練はここから始まるのだ。

鳥居をくぐり、歩き始めた参道は
両脇に清らかな小川を湛え心さえ洗われる気分だが
参道は次第に雪解けらしき水気を帯び、ぬかるむ。

足元を気にしながら進むと、目の前に奥社参道の中程に位置する随神門が現れた。


随神門 01.jpg

『ここから900m』って・・・

約1kmぢゃんあせあせ(飛び散る汗)


この門を越えると・・・


雪の参道 01.jpg

雪の参道 02.jpg 雪の参道 03.jpg 雪の参道 04.jpg




だいぶ前に降った雪の痕跡のようだが、
多くの参拝客に踏み固められた雪道は固く、
溝のない靴底では滑ってしまう。

まさかこんな道が待ち構えていようとは思ってもいない人たちも多く
年配の方や、足元がかなり軽装な女性は四苦八苦している。

奥社が近付くにつれ、参道の傾斜はきつくなり
もはやカメラを持って歩く訳に行かず、次女の手を引いて歩いた。


奥社 01.jpg 奥社 02.jpg 奥社 03.jpg

奥社 04.jpg 奥社 05.jpg 奥社までの道 06.jpg


奥社に着く頃には、景色はすっかり雪景色に変わっていた。

二つある社を参拝し、さて下り道。


ただの坂でも、登りより降りの方が筋力を使う。
ましてや、氷のようになった雪道など
ウィンタースポーツのセンスも必須になる。
足元を取られる雪道を子どもたちは面白がりながら滑り降りていた。

みんなを奥社の参道入り口付近で待ってるように告げ、
ほぼ平らなところまで降りて来たところで自分は車を取りに走った。

みんなを迎えに行き、そのまま最寄りの高速道路のICへ向かう。
ICすぐ手前にある道の駅で休憩し、帰路についた。



戸隠神社の中社から奥社までだけでもかなり距離がある。
今でこそ車で神社のすぐ近くまで行ける時代だが
標高の高いところにあるこの神社を建立した頃は、
参拝するだけでも大変な苦労を要しただろう。

往復500kmを日帰り参拝する軽率さを恥ずべき事だろうが、
その中の4kmのみだが、当時の過酷な参拝を多少なりとも体感できた事で
今回のパワースポット巡りは有意義だったと思いたい。



posted by 神井 夙 at 06:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする