2011年07月24日

信州キャンプツーリングB

 
テントを設営して、バイクに積んだ荷物やらを降ろしていると
ゆっくりだが、次第に日が暮れていく。

鍋や携帯コンロを取り出して食事の準備。
そして暗くなる前に灯りの準備を済ます。

この季節は、19時くらいまでは明るいので
その辺の事も慌てずに出来るのが良い。



CA391490.jpg CA391491.jpg CA391492.jpg

雨天の為、食料調達が思い通りにならず
持ち込んだ僅かな食材で調理を始めた。

メインはパスタ。

レトルトのパスタソースのほか、
わさび塩味、コンソメ味、あとは・・・なんだっけ??

基本的に、パスタしか茹でていないのに
かなりなバリエーションでわりと満足☆

その他、枝豆や菓子類などで食卓は案外豊かだ。


電池式のランタンを2基用意。
充分照度があり、手軽なキャンプにはもって来いである。

ツーリングの疲れもあってか、
早い時間に消灯、爆睡・・・



DSCF1197.jpg


CA391493.jpg DSCF1198.jpg DSCF1199.jpg

新しい朝が来た☆

夜中、テントに滴が落ちる音がしていたので
雨が降り続いていると思いきや
トイレに行く為に外に出てみると、
キレイな星が見える夜空に変わっていた。

テントの上の梢から滴が落ちていたらしい。


5:00にはみんな起床。


あれだけ大量のパスタで腹いっぱいなのに
朝からパン食。

その上、シリアル。

そして定番にコーヒーときた。

DSCF1196.jpg


昨夜から肉も野菜もないキャンプ食・・・
それでも、みんなで居ると楽しい☆
 
ソロでキャンプツーリングなど、もう淋しくて出来ないかもな・・・。



手持無沙汰になってしまったので、帰り支度を始める。

とりあえず、足場の悪い場所からバイクを脱出させ、
管理棟の前の駐車場へ移動。

テントの中から荷物を出し、少しずつ荷造りして
最後にテントを畳む。


DSCF1202.jpg

テントとテーブル代わりの折り畳みの箱を
バイクに積んで荷造り完了。




昨夜、風呂に入っていなかったので、八峰の湯に入って行こうと思ったら
10:00オープンという事で諦めて出発した。



八ヶ岳.jpg


向かうは、佐久平駅近くの蕎麦屋さん『草笛』

信州と言えば蕎麦。
しかも大盛りで有名なここの蕎麦を
ふたりに是非食べて貰いたかったのだが、
昨夜のパスタと今朝のパンで満腹状態のせいでスル―。

そのまま軽井沢方面を目指し、万座まで言っちゃおうか!?
という突発的な提案も距離と時間の都合で途中で断念。


北軽井沢でソフトクリームを食し、徐々に南下して国道254号へ出る。

下仁田を越えたあたりで韓国料理店に入り、遅い昼食。

とある国道 01 ソフトクリーム とある県道.jpg

マヨ明太子ビビンバ.jpg


関越道は混んでいるだろうと予測し、秩父経由で帰るコースを選択した。



最近、帰路で休憩ポイントにしているダム湖の堤防の上・・・。

CA391498.jpg CA391499.jpg CA391500.jpg


ここまで帰ってくれば、家まではもう少しである。



DSCF1201.jpg
posted by 神井 夙 at 12:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

信州キャンプツーリングA


スコールは時間にして30分というところか・・・


雨にさらされた愛機の前で□海隊長は・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


気を取り直したフリの隊長を引き連れ、再び霧ヶ峰方面へ☆

別のルートも考えていたのだが、最初の事故渋滞で1時間ほどロスった為
最短のコースを選び直した。



ビーナスライン (1).jpg

この辺は晴れているものの
行く手には湧きあがる積乱雲・・・



ビーナスライン (2).jpg ビーナスライン (3).jpg ビーナスライン (4).jpg



再び霧の駅に到着。

今日2回目のソフトクリームタイム♪

休憩後、出発。


ビーナスライン (5).jpg

ビーナスライン (6).jpg ビーナスライン (7).jpg ビーナスライン (8).jpg



車山方面へ向かい、白樺湖付近のコンビニに寄り買い出し。
ここでもやはり雨に見舞われた。

□海隊長、ここで吹っ切れた様で、元のテンションに戻るグッド(上向き矢印)

雨宿りし、雨がやんだところで再出発☆

蓼科湖から国道299号へ出て、一気に松原湖方面へ向かう。
その間、霧雨程度だが、雨は降ったりやんだり・・・


霧の駅.JPG PA0_0081.JPG R299.JPG


あまり晴れているのもキツいが小雨がパラつく中を走るのも
心情的には萎える・・・。


麦草峠を越え、しばらく降りてゆくと
八千穂方面と松原湖方面への分帰路に出た。


八千穂高原.jpg




ここから本日の最終目的地までは近い。

ちょっとだけ休んで、すぐに出発。



小海リエックス・スキーバレーを左手に見ながら
ひたすら下っていくと、まもなく着いた。

八峰の湯.JPG

松原高原オートキャンプ場への入口となる八峰(やっほー)の湯



ここには、美術館、温泉施設、マレットゴルフ、アスレチックなどもあり、
小さい子どもを連れてキャンプするには1ヶ所で留まれていいかも。

もう少し下がったところには松原湖があって、
冬季はわかさぎ釣りのテントが湖面に点在する。



奥まったところにあるキャンプ場の管理棟に辿り着くと
「温泉施設の窓口で受け付けを」との事で、また引き返す。

温泉施設『八峰の湯』の窓口へ行くと閉ざされており
温泉の受け付けに申し出てみたところ、
「明朝、管理の方が巡回しますので、そこで受付して下さい」
と言われた。

時間をみると、午後5時を越えている。

民間企業だと思うのだが、非常に地方自治体的な対応で商売っ気が無い。
そんな大らかな感じが、今回のキャンプには相応しい(笑)


バイクを管理棟の前に置き、テント設営に適した場所を
歩きまわって3人で相談した結果、ここに決めた。


テント設営 001 テント設営 002 キャンプ場管理棟・トイレ・洗面所


トイレ・洗面所に近く、バイクも停めやすい平らな地面。

ただし、雨によって土の露出している面は滑りやすいのが難点。
しかも、柔らかい地面なので、空き缶や石などで補強しないと
バイクの重量でサイドスタンドが潜り込む。

空き缶や小石で補強した。



さて、これからが今までのツーリングでは味わえなかった時間である。







posted by 神井 夙 at 09:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

信州キャンプツーリング@

 
「いつかキャンプツーリングに連れて行って下さい」

□海隊長からそう言われたのは数年前。


どうせ行くなら、いつものメンバーで行きたかったので
流通業の橋△氏が2連休取れる日と、自分たちの休みの日が
会う日をこっそり待ち構えていた。

1ヶ月前くらいだろうか?
7月9〜10日が休みを取れるという連絡が入った。

この日を逃したら、次はいつ都合が合うか判らない。
即、この日を開催日と決め準備を進める。


キャンプの為のバイクへのパッケージングが判らないふたりは
非常に困惑しているようだ。

車で行くのと違い、積載量には限界がある。
多くの荷物を積みつつ、走行性能を失わない為の手段は
わりと試行錯誤の繰り返しを要する。

キャンプ道具のあらかたは自分が積み込めるので
ふたりには1泊旅行分の荷物とシュラフ・マットを
積んでくれるようにお願いした。

多少余裕があったのか、開催日の数日前には
ある程度の食材も用意してくれたとの事。



で、自分のパッケージングはこうなった。


TRANSALP650V キャンピングバージョン

トリプルパニア&タンクバッグ
パッセンジャーシートには6人用ドームテント

今までで一番多い積載量だ。


今回は、車載カメラのステーの取り付けも変更した。


カメラ・ビデオ アダプター 01.jpg カメラ・ビデオ アダプター 02.jpg カメラ・ビデオ アダプター 03.jpg



【一日目(7/9)】
6:30 新鮮市場駐車場 集合

CB1300 FORNET TRANSALP.jpg

各車、今までにない精一杯の積載で集まった。

いつものツーリングの朝とは、また違う雰囲気を醸し出す。



出発☆
新しく設置した車載カメラの感じは?・・・というと



案の定、ブレブレの状態・・・

やっぱりVツインエンジンでは、振動が大きくて
車体にダイレクトなマウントではダメなようだ。

振動を緩和させる方法を考えるか、
ブレに対応できているカメラを検討するか。


今回の計画では、高速を使って一気に現地入りして
戻りながらキャンプを楽しむ、という手段を取る事にしたのだが・・・。

あきる野IC入口付近にある掲示板には
『中央道下り 事故渋滞7km』という不吉な文字。

後続車の二人を振り返ると、ヘルメット越しに
同じ表情をしているのが感じてとれた。


とりあえずそのまま圏央道に乗る。
八王子JCTから見下ろす中央道は、すでに大渋滞中だ。

覆面車が怖いので、無理なくすり抜けしたものの
通常より車幅の広くなったバイクではたかが知れた。

湿度と温度の高いこの日、トンネルの中で渋滞にはまる。
他の2台は充分すり抜け可能なので、先に抜け出て貰おうと思ったのだが
2台ともトンネル渋滞にお付き合い頂けるという。

何とも心強く頼もしい☆


何とかトンネル渋滞を抜け、しばらくはそのままだったが
軽自動車1台のパンクによる事故現場を越えると順調に走り出した。


8:00 談合SA

談合坂SA.jpg


8:45 境川PA

境川PA.jpg


9:45 八ヶ岳PA

信玄餅ソフト.JPG 焼きシュークリーム.JPG 


諏訪南ICで高速を降り、国道20号で西へ向かう。
高速代200円をケチってみた(笑)

諏訪市内で給油。

そして、諏訪湖手前から霧ヶ峰に向けて山を登って行った。

国道から霧ヶ峰までは意外と遠く、20分ほど走ったのだろうか?
ゴルフ場、牧場、森を抜けると、急に視界が広がる。

そこが、霧ヶ峰湿原となる。

霧ヶ峰湿原(3).jpg 霧ヶ峰湿原(2).jpg 霧ヶ峰湿原(1).jpg



ここから霧の駅までは近く、5分とかからない。
左手にある丘を越えればすぐだ。


霧の駅へ移動し、昼食を摂る。

ソースかつ丼 1000円(画像なし・・・)


さて、美ヶ原へ☆

DSCF1159.jpg DSCF1160.jpg DSCF1162.jpg

DSCF1164.jpg DSCF1167.jpg DSCF1168.jpg

DSCF1165.jpg


・・・やっぱり、カメラマウントがダメダメだぁ・・・



さらに・・・

美ヶ原高原の道の駅に着き、トイレに行ってる間に

・・・雨雨


美ヶ原

雨の美ヶ原 01 雨の美ヶ原 02


□海隊長、テンション急降下バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


「いや・・・、大丈夫っすよ・・・」
という声が普段より低い事がすべてを物語っていた。




つづく





ブレブレで、やる気のない動画で良ければどうぞ☆
酔っちゃうかもだけどバッド(下向き矢印)





posted by 神井 夙 at 19:07| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする