2012年05月28日

榛名湖ツーリング

 
『5/27 空いてますか?』
そんなメールが入った。

内容はと言うと、横浜・横須賀を中心とするツーリングサークルの面々が
群馬県の榛名湖へツーリングに来るので、一緒にどうか?
というものだった。

この日、夕方から代官山へ行く用事があったのだが
早めに離脱すれば、何とか間に合いそうだ♪

『OK』の返信をする。


【2012年05月27日(sun)】

関越道:高坂SAに寄ると言うので、一般道を鶴ヶ島ICまで走る。
高速に乗り、最初のSAが高坂である。

着くや否やメールが鳴り、レストランの前の駐車スペースにいるとあった。
難なく合流。

CA3K0103.jpg CA3K0104.jpg

1台、走行中にエンジンが止まってしまう・・・との事で
解体作業が行われていた(笑)

30分ほどで配線の接触不良が判明し、修理完了。

こんな人達が周りにいると、何とも心強い☆


高速と一般道を走り、途中での休憩と給油を含め
約2時間ほどで榛名湖へ着く。

CA3K0105.jpg CA3K0106.jpg CA3K0107.jpg



御主人もバイク乗りだという飲食店で食事を済ませ
軽井沢方面へ・・・。

国道18号に交差した時点で、この日の隊長が気を利かせてくれて
ここで自分は分岐する事になった。

CA3K0108.jpg

彼らは軽井沢方面へ向かうとの事。

自分は国道18号を東へ向かい、関越道を目指した。


自分の都合に合わせ、途中離脱のツーリングも悪くは無い。

















posted by 神井 夙 at 00:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

金冠日食


1年前の日食の際、2012年は5月21日に
金冠日食がある事を知った。


先日、某ドラッグストアに買い物に行った時、
店内にはるや否や、日食グラスが販売されており
思わず買ってしまう。

何気に気になっていた自分がそこにいた。


当日の朝・・・。
日食は7:30頃なので、出勤前に間に合う感じだ☆

観測だけでは物足りないので、ベランダにこんな設置を・・・。

金冠日食 (2).jpg



空は微かに仄暗く感じる・・・。

金冠日食 (3).jpg


以下、日食の模様。

金冠日食 (4).jpg 金冠日食 (5).jpg 金冠日食 (6).jpg

金冠日食 (6).jpg 金冠日食 (7).jpg 金冠日食 (8).jpg

金冠日食 (9).jpg 金冠日食 (10).jpg 金冠日食 (11).jpg

金冠日食 (12).jpg


雲の多い朝だったが、日食を観測するには問題なかった。

印象としては、周りの風景がもっと暗くなる事を期待したのだが
『ちょっと薄暗いかな?』と思う程度。

とりあえず、日本全土的なイベントに参加♪


日食グラス・・・
次はいつ使う事になるのか・・・










posted by 神井 夙 at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

日光リベンジ〜final〜

 
会社のT田氏とは、勤務シフトの関係で
なかなか休みが合わない。

一緒にツーリングに行こう!
と言ったところで、まずそこが壁となる。

そんな中、ようやく行ける日が決定した。

T田氏は
『神井さんの仲間も誘ってみては?』と提案してくれ
□海隊長を誘ってみる事に。

隊長の快い承諾を受け、僕自身が想像し得なかったメンバーでの
にわかツーリングチームがここに結成した。


【2012年05月20日(sun)】
いつもと違うメンバーなので
集合場所も変更し、ほぼ全員の中間地点である
隣市のファーストフード店に集合。

少し早めに出たつもりだったが、
すでにT田氏は待機中。

隊長もその後、5分と経たずにやって来た。

今回のコースは・・・

国道16号⇒東北道⇒日光宇都宮道路⇒霧降高原
県道23号を西へ向かい、川俣湖を抜け、川俣温泉から南下。
戦場ヶ原で国道120号に出て、沼田ICから関越道で帰るというコース。

地図を見て気になっていたというT田氏の提案ルートである。

東北道.jpg 東北道 (2).jpg 東北道 (3).jpg


最初は自分が先頭車両だった為に他のふたりの映像が撮れず
『つまんないなぁ』と思ってたところ、
飛ばしたがり屋さんのT田氏が前に出たので、
やっとこさ その姿を写せた。

東北道の佐野SA、日光宇都宮道路の日光口PAにて休憩をとり、
一般道へ出て霧降高原へ向かう。


日光口P.jpg 霧降高原.jpg


峠道・・・といっても景観が開けているので
自分たちがどのくらいまで登って来たのかが良くわかる。

駐車スペースがあったので停車し、絶景を楽しんでみた。

霧降高原.jpg

景観が良いのは丸山というあたりまでらしく
大笹牧場に向かっては多少下っていく感じだ。

大笹牧場に到着し、しばらく休憩。


会話に興じると、写真を撮るのをついつい忘れてしまう事に
この日記を書きながら、今、気づいた(笑)


という事で、ここまでの行程をMOVIEで♪





大笹牧場を出て北へ向かい、県道23号にぶつかったところで
西(川俣湖方面)へ向かう。

交通量は多くなく、道は程良く荒れた感じ。
民家も少なく辺境な土地柄である印象だ。

川俣湖に架かる吊り橋を渡り、そのまま道なりに進んで行くと・・・

あった☆


またぎの里.jpg

またぎの里


非常にマニアックな雰囲気が自分にはたまらない魅力なのだが
□海隊長、T田氏はイマイチな御様子・・・たらーっ(汗)

まだ昼食時には早いせいか、コンロには串焼きの品が乗っていない。
もっとも、自分たち3名しかいない環境で串焼きなんぞが焼かれてたら
それはそれで『いつ誰が食べるんだろう?』という疑問が浮かび上がるが・・・。

店内へ。

もののけを始め、様々な虫や獣が出て来ても不思議はない内装。

入口から正面に向かうとレジスターが置かれており
その前には真っ黒に焦がされたトカゲのような物体・・・。
店主に尋ねると、サンショウウオだという。

さらに『天然のバイ○グラ』だと付け加えた。


さて、昼食は何にする?
久々に文字だけのメニューを見ても
イマジネーションが湧かない。

自分は『熊丼』と言うと、前の2名は
『ウソだろ!?』という目でこちらを見た。

かれらは無難に蕎麦とかうどん。

下に添付してある画像が熊丼。
熊肉を食した事が無いので、
『ふ〜〜ん、これが熊なんだ・・・』という印象。

ふたりは『充分、獣臭かったですよ』と言うが
鼻が悪いせいか、食べた感想としてはそんなに違和感はなかった。
味は、調味料に醤油しか使ってないんじゃないかな、って感じで
ワイルドさだけは味わえる(笑)

いずれにせよ、食べてみない事には評価も出来ないので
『とりあえず体当たり』がモットーである。

熊丼.jpg またぎの里 03.jpg またぎの里 02.jpg



またぎの里を出発。

川俣温泉付近に架かる橋の上から見下ろせる間欠泉をしばらく眺め
戦場ヶ原方面へ南下した。

CA3K0093.jpg CA3K0094.jpg CA3K0095.jpg


この道沿いにある光徳牧場に立ち寄り
お決まりのアイスタイムるんるん

戦場ヶ原から国道120号に乗り、沼田ICより関越道に乗り帰路についた。


思えば、何のトラブルもなく順調に進み、終了した日光ツーリング。
30年近く祟られていた憑き物からようやく解放されたようだ。

よって、リベンジ≠ヘここに完結する。



posted by 神井 夙 at 19:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

バナナ&三女


三女

セイセイインコのバナナは♂なので

三女がいると 自分には寄り付きもしない…
posted by 神井 夙 at 20:49| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | うちの三姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

ハイキング・ツーリング


タイトルが某お笑いコンビのようだ・・・


ハイキングウォーキング.jpg
ハイキング ウォーキング




今年1月、近所のスポーツ用品店が閉店セールを行っていて
スキー用品でも安く売ってないかと、□海隊長と訪れてみた。

そこで目に着いたのがトレッキングシューズ。
かねてより隊長から『ハイキングしましょう』との提案があったが
そのための準備をしておらず、計画を立てられないままだった。

とりあえず足周りから固めるか、という事で同じ靴を購入。


それから半年・・・





【2012年5月13日(sun)】

7:00 新鮮市場△作店 集合


CA3K0083.jpg

ツーリングのコースはほぼ当日の2,3日前に決まる。
今回も、場所さえ決まって無い中、
『ツーリングの目的地をハイキングコースにしたら・・・』
と、ふと思い、歩く時間を5時間くらいとみて
目的地までの距離が片道2時間弱くらいで
そこそこ楽しめそうなハイキングコースを検索した。

どうせ行くなら景色のいいところが良い♪

という事で・・・


中央道.jpg 中央道 河口湖線.jpg 河口湖IC.jpg

DSCF2204.jpg

富士五湖のひとつ、しかも一番マイナーな精進湖。


ここを選択した理由は、

・駐車場事情が良い事。
・県営駐車場の為、料金が無料な事。
・駐車場から歩きだして、同じ道を通らずに駐車場へ戻れる事。
・富士山が良く見える(らしい)事。

である。


途中のコンビニで食料等をGETし、目的地へ。

精進湖畔にある県営駐車場にバイク2台を停め
ハイキングの準備に取り掛かる☆

精進湖県営駐車場.jpg 精進湖県営駐車場 02.jpg

隊長には靴の他の必須アイテムとして、リュックサックと
飲料水を最低1リットルを用意して来て貰った。



駐車場からしばらくは、たった今
バイクで走って来た道を歩く。

部分的に歩道が途切れるので、ちょっと歩くには向かない。
もしかすると湖沿いを歩けるのかな?

精進湖畔.jpg 精進湖畔 02.jpg

駐車場から5分ほど歩くと、釣り人たちが利用するのであろうお店があり
その店の脇に入り込むような道を左折。

DSCF2205.jpgDSCF2206.jpgDSCF2207.jpg

この集落の住民のために施されたのか、観光用に整地したのか
生活道路はキレイになっている。

今思えば、目の前にそびえる山に登るのだったな・・・

朽ちかけた古い住居が点在していて
それを見るだけでも歴史をさかのぼった環境に触れられて
何だか得した感じ(^-^)♪


DSCF2210.jpg DSCF2213.jpg DSCF2214.jpg

山登り開始☆
「自然はやっぱりいいね♪」なんて余裕を見せていたのは束の間。

間もなく息が荒くなってくる・・・
どれほど運動不足だったのか・・・


DSCF2215.jpg DSCF2218.jpg DSCF2221.jpg

このコースのいいところは、そんな苦しい環境にありながらも
歩きながら雄大な富士山の姿を楽しめる事だ。

これだけで運動不足の身体には『頑張れる効果』をもたらしてくれる。




DSCF2227.jpg DSCF2228.jpg DSCF2224.jpg


13:00 三方分山に到着☆
このコースでは最高地点で標高は1422m
ここで昼食を摂る事にした。


DSCF2226.jpg

ここからの富士山の眺望も絶景である。


出発、パノラマ台を目指す。

頂上だったので下る一方・・・
と思いきや、アップダウンが激しく
『え〜、また登るの〜〜(;´Д`)=3』
って印象。

尾根伝いなので、富士山側の反対側を望めば
南アルプスの山脈が良く見えた。


DSCF2236.jpg DSCF2231.jpg DSCF2235.jpg


なんだ? 『ハノフマロ』って。


14:30 パノラマ台 到着♪

DSCF2240.jpg

360°とまではいかないまでも
かなりな広角で周りの山々を見渡せる。

しかも眼下には富士樹海。
こんな角度で見降ろせるなんて\(^▽^)ノ♪

今まで3人くらいしかすれ違わなかったのに
ここには御老体のパーティーもおられて
かなり元気なご様子。

自分たちはヘトヘトになって辿りついたのに・・・何故?


DSCF2243.jpg DSCF2242.jpg DSCF2239.jpg


ここまで歩いて来て初めてトイレに遭遇。
ただし、使えるかどうかは未確認。
上下水道の配備があるとは思えない気がしなくもない。

30分ほどして下山にかかる。

来た道をしばらく戻ると、精進湖へ降りる分かれ道になる。

DSCF2244.jpg DSCF2247.jpg DSCF2245.jpg

三方分山付近とは違い、道の整備はかなり良い。

面白みには欠けるが、容易にパノラマ台をめざすなら
こちら側からのルートは有効だ。


DSCF2246.jpg DSCF2249.jpg DSCF2250.jpg

15:40 麓まで降りて来た。

DSCF2251.jpg

しばし休憩。

飲料水1gじゃたりないな。
最低1.5g必要だ。

帰路は中央道の渋滞に巻き込まれながらも
19:30には帰着。

馴染みの焼肉店で打ち上げた。

DSCF2261.jpg










posted by 神井 夙 at 22:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

moon.JPG



早朝、月がきれいだったので
つい・・・(笑)


posted by 神井 夙 at 05:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする