2012年08月26日

UEDAA

 
【2012年08月25日(sun)】
7:00起床。
さて、今日はどうやって帰るか。

同行した友人と地図を確認するも、
土地勘のない自分たちには在り来たりの観光名所しか浮かばない。

チェックアウトし、ホテルからほど近い上田城跡へ向かう。

御老体の団体がおり、ガイドさんが付いていたので
その方の説明を盗み聞きして上田城の歴史について学んだ(笑)

有料エリアはスル―して出発。
東へ向かうと『くるみの里』と称している道の駅があり
そこで『くるみソフト』を食べようという事になる。

向かっている途中で、新郎から電話。
「今日、何か予定あります?」

「くるみソフト食べようと小諸方面に向かってる最中です」

「よかったら家に来ませんか?」
との事で急遽、引き返す事に。

電話で道を尋ねつつようやくたどり着いた新郎新婦の家は
キレイにリホームされ築25年の雰囲気すら漂わせない。

もともとセンスの良い友人の事、細部にわたって作り直されている。

お茶を御馳走になり、リラックスしたムードで会話も弾み、
途中でお見えになった御親戚の方たちと挨拶をかわして
ゆっくりとした午前を過ごさせていただいた。


「この辺に美味しいお蕎麦屋さんってどこ?」
新郎に訊く。

教えてくれた場所は、新郎の実家に近い穴場っぽいお店。
新郎にナビで目的地をセットして貰い
再会を約束し、友人宅を後にしてそちらへ向かった。


めざしたのは『十割そば さかい

「判りづらいですよ」とのアドバイスを受けていたが
地元民ゆえの的確なナビのセットと
蕎麦処のノボリで難なく発見出来た☆

正面入り口みたいなところはなく、
「入口⇒」の看板をたどると民家の庭先みたいなところに出て
そこを通過して初めて入口についた。

お昼ちょっと前だった事もあり、客は自分たちだけ。

ここの天麩羅が美味しいらしいのだが
残念ながら本日はざる蕎麦だけだという。

まず、挽く前の蕎麦の実を出された。
このままで食べてごらんなさいと店の奥様。

口に入れると仄かな甘みがあってなかなかイケる。
欠けたナッツのようで、ビールのおつまみにもなりそう♪


CA3K0204.JPG PAP_0234.jpg PAP_0233.jpg

CA3K0203.jpg



蕎麦屋さんをあとにして、美ヶ原へ向かう。

近道をしてみようと試みたが、ナビに表示されていた道が通行止めで
結局は迂回ルートへ廻る羽目になった。


休憩を兼ねて、美ヶ原高原美術館に入ってみる。

美ヶ原高原美術館 (3).jpg

美ヶ原高原美術館.jpg 美ヶ原高原美術館 (2).jpg 美ヶ原高原美術館 (5).jpg 

美ヶ原高原美術館 (4).jpg


ここは、ついでに♀ってはいけない。

広大な敷地内に見ごたえのあるモニュメントが点在しているので
ここを目的地にして一日入り浸るのが望ましい。

入園料もそこそこするしね☆


17:00
ポツポツと雨粒も落ちて来た事だし、帰路も長いので車に乗り込む。



ビーナスライン経由で諏訪方面へ向かう。


美ヶ原.jpg 美ヶ原 (2).jpg 美ヶ原 (3).jpg

高原に降り立つ虹を見ながら
2日間の回想をしていた。







posted by 神井 夙 at 23:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UEDA@

 
【2012年08月25日(sat)】

すでに入籍は済ませているのだが、
そのあと約1ヶ月後に結婚式をする日の二次会に参加する事になった。

場所は、長野県上田市。
ここ数年、長野県訪問率が増えているが
上田市内に友人が出来た事で、こちらへ足を運ぶ事も多くなった。


共通の友人と合流し、車で中央道、国道141号などを使い上田を目指す。

途中、立ち寄った所。
蕎麦とカフェ『ichi』
清里高原チーズケーキファクトリー

野辺山から佐久平までは睡魔との闘い・・・

周りの風景を楽しみながら一般道でひたすら上田市の中心地へ向かい、
二次会の開催場所でもあるホテル祥園にチェックインした。

このホテルが面白い。
ホームページを見ると、なかなかな印象であるのだが
本館の方はイベント会場がメインで客室が少なく、
温泉ホテルであるにもかかわらず、大浴場はひとつのみ。
ようするに、男風呂、女風呂とあるのではなく
時間に寄る入浴入れ替え制をとっている。

もっとも通常の旅館としては、別館に力を入れているようだ。

本館の宿泊設備も、部屋にユニットバスはあるし
時間通りに温泉を利用すれば何ら問題は無い。

なにしろ今回の目的は、友人の結婚式の二次会。
会場を出て数歩で眠れる場所があるのは有難い(笑)

バタバタと活動していたので、あっという間に二次会の時間。


ホテル祥園内.jpg

友人にとってはこんなに大切な日なのに
帰ってみると写真をあまりとってなかった自分に気付いたたらーっ(汗)

二次会が終わり、客室へ向かおうとすると
新郎から「焼鳥屋さんに行きません?」と誘われる。

断る理由もないし、ほとんど主役と会話もできなかったので
新婦を含め6名で行く事になった。

ただついて行っただけなので場所を把握していない。
商店街の路地を入り小さな飲み屋さんが立ち並ぶ一角の
狭い階段を登ったところに古めかしい店があった。
年配のご夫婦が経営している。

焼鳥と飲み物を注文しただけなのに、漬物などが
大きな皿にどっかりと出てくる。

※写真なし

2時間ほどいただろうか・・・


来た道を引き返し、新郎新婦はタクシーで、
一緒だった人たちも分散しホテルへ戻った。

ホテルの人に尋ねると、大浴場を利用できるとの事で
ゆっくりつかって床に着いた。








posted by 神井 夙 at 22:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

空蝉

蝉


長い年月を暗い土の中で過ごし
ようやく幼虫の身体を脱ぎ捨てて
空へと羽ばたける日が来たというのに・・・

全エネルギーを使って夏を駆け抜けた蝉たちは
自分が幼虫の殻を脱ぎ捨てた時のように
その身体から魂だけで羽ばたこうとしている
posted by 神井 夙 at 23:29| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

TOKYO SKYTREE

 
いや・・・
本当は浅草へ出かけたのだった。

ただ浅草からの景観で、あまりにも存在感があるので
散歩がてら近づいてみたのだった。






TOKYO SKYTREE 02

TOKYO SKYTREE 01 TOKYO SKYTREE 03 TOKYO SKYTREE 05

TOKYO SKYTREE 04


スカイツリーの麓にあるショッピングエリアでは
お盆休みの真っただ中とあって各地の方言が聴こえてくる。

展望台への事前予約制が解除されたのか、炎天下の中、長蛇の列が続く。

しばらくはこんな感じなのだろうな・・・。

何も混んでる時期に来なくても・・・とも思うが
話題になっている時だからこそ☆ という心理も判らなくもない。

ただ、商戦に踊らされてる感は無きにしも非ずだ。




浅草寺


浅草の『純・和風』なイメージは
もはやテーマパーク化しているような気がしてならない。

posted by 神井 夙 at 00:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰りスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

ひまわりツーリング


 
会社のHさんも参加するとの事で
至って女子向けなコースにセッティングしていたのだが
当日の朝、集合場所に着くや彼女から電話があり
『頭痛がするのでやめておく』との事・・・。

□海隊長が集合場所に来るまでの短時間で
軽くコース変更を頭の中で描いてみた。


【2012年08月04日(sat)】
圏央道

いつもどおり圏央道から中央道に向かう。

中央道:下りが渋滞していた為に八王子JCTの3kmほど手前から
車の列がノロノロ状態になっていた。

普段はおとなしく車の後ろに並んでいる隊長も
さすがにウンザリしたのか、すり抜け敢行。

中央道に入ってからもかなりの距離が渋滞になっていたので
あのまま並んでいたら・・・と思うとゾッとした。


須玉ICで降り、清里方面へ。
途中にある『小麦畑』というパン屋さんで腹ごしらえしようと向かう。

近くにつくと、何だか店の様子がおかしい。
敷地内の高木が手入れされておらず店舗の姿を覆っている。
入口付近も、定休日にしてはあまりにも彩りがない。

うろうろしていると玄関から年配の女性が顔を出した。
事情を伺ってみると、2年ほど前にお店をたたんでしまったと言う。

またひとつ、自分のお気に入りの場所が消えてしまった・・・。


朝食を摂れなかったまま、ひまわり畑を目指す事にした。

そして到着☆


DSCF2484.jpg

DSCF2485.jpg DSCF2486.jpg DSCF2487.jpg

DSCF2490.jpg

山梨県北杜市明野町

ここの場所の素晴らしいところは
東に富士山、南に南アルプス、西に八ヶ岳を望める。

DSCF2491.jpg

ひまわりの咲き加減はというと、
メインの場所がまだ全然咲いておらず、
一週間後が見頃かな? という感じだった。


Hさんが来られないとの事で緊急に考えたコースは
ここから東へ向かい、昇仙峡を走るというルートだった。

が、お気に入りのパン屋さんが閉店してしまって朝食が摂れず
昼食の時間も近くなってきた事もあり、
当初の計画にあった店を目指す事になった。

来た道を引き返す。

明野町.jpg 須玉町江草.jpg 高根町箕輪.jpg

地図で確認した時も思ったけど、非常に判りずらい立地にある。

途中、道路工事をしていた事もあって
農道やら農家の脇の道やら、至極のどかな道を走る。

高根町箕輪 02.jpg 高根町箕輪 03.jpg 高根町箕輪 04.jpg


『間違えてはならない』と前日まで地図を頭に叩き込んでいたので
何気なしに『ここかな?』と入り込んでみた道で
目的の店の看板を見つけた。

高根町箕輪 05.jpg



こんなところを入っていく・・・たらーっ(汗)

いち 01.jpg いち 02.jpg いち 03.jpg




ちゅ・・・駐車場に到着・・・たらーっ(汗)


いち 04.jpg


 
それにしても・・・


いち駐車場 01.jpg いち駐車場 02.jpg


『本当にここでいいの?』と言いたげで不安げな□海隊長。

表側に回り込んでみましょう。



いち外観 01.jpg いち外観 02.jpg


やっぱりスゴイ・・・

『スゴイ』という感想しか出て来ない。


食事処のハズなのに入口の上部には・・・


いち外観 03.jpg


間違いなく『明治病院』の看板。

でもここは『蕎麦カフェ ichi』というお店。

もともとはお蕎麦屋さんだったらしいが
リニューアルで洋食も追加したようだ。

11:30の開店の前に着いてしまったので
ちょっとブラブラして時間を潰す。

店員の女の子に『どうぞ』と言われて入った。


いち店内 01.jpg いち店内 02.jpg いち店内 03.jpg

いち店内 04.jpg


レトロな雰囲気にあってなおモダンな空間を醸し出している。

一番乗りで、しかも他にはお客さんもいなかったので
窓際の席を陣取ったのだが、
しばらくすると、あれよあれよと席が埋まる。

人気店なんだ・・・
と、ここであらためて思わされた。


今回は洋食を選択。

いち料理.jpg

ICHIのハンバーグ


野菜がたっぷりなのが嬉しい♪
しかもハンバーグの食感が今まで味わった事のないもの。

外税も相まって、少々値は張るが満足度は高い。


帰路、いつも通りヤツレンでソフト&ヨーグルト。
さらに、呑むヨーグルトまで追加購入。

睡魔と闘いながら国道141号を北上し、299号から秩父をめざした。

帰着時間 18:15


まったり走りたい□海隊長をせかし、
こんな早い時間に帰着した(笑)


posted by 神井 夙 at 07:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。