2013年08月26日

戸井十月の新たな旅立ちを見送る会:当日


2013年7月28日に逝去した戸井十月氏の『戸井十月の新たな旅立ちを見送る会』が、
8月25日 都内の千日谷会堂で行われた。

30年来の憧れの存在で、2年前の講演会で一度だけお会いしただけの方だが、
今まで後ろ姿を見続けてきたように『新たな旅立ち』に際しても見送りたいと願っていた。


13:30 千日会堂に着く。
黒い服に包まれた人々が集っており
弔辞がスピーカーを伝って流されている。

『見送る会』は告別式と同様の形式で行われていた。

しかし、一般の告別式とははやり雰囲気が違う。
しめやかではなく、違う世界へ見送る、といった感じだ。
チラホラと著名人や俳優の姿も見られる。

自分ときたら非常にラフな格好で訪れてしまったで
記帳したのち隅の方で弔辞を聴いていた。

気にかけてくれたのだろうか、受付の女性が近づいてきて献花を勧めてくれる。

会館の前で献花の為に並んだ列が少しずつ前に進み、
半分くらいに減ったところで列に加わる事にした。

列は徐々に進んでいき、会場に入る。
会場の両壁には、旅をしていた時の戸井氏や
現地での様子を写した写真が掲げられている。
そして正面には戸井氏の遺影、旅の写真が飾られ、
そして旅をともにして来たバイク、アフリカツインが壇上にあった。

戸井十月の新たな旅立ちを見送る会


献花を済ませても退路の列はなかなか先へと進まない。
戸井氏の奥様とお話をされている為だ。
奥様もひとりひとりに丁寧に応対している。

自分の番になった時、
「30年前から憧れていた人でした」と言ったところ、
眼に涙を浮かべたまま
「本人が一番喜ぶ言葉です」と静かに話された。

間違いなく最愛の人であり、
これほどに多くの方に慕われた夫を亡くした悲しみは測りきれない。
幾度となく長期間を旅してきた戸井氏だったから、
遠いところへ旅に出て、また必ず帰ってくる・・・と
思っているのかも知れない。

自分にもそう思えて仕方が無いのだ。

だから、この会のタイトルは
『戸井十月の新たな旅立ちを見送る会』
にしたのだろうか。

会場を出る際、はがき大の封書を頂く。
少し離れた駐車場に戻って開けてみたところ、
数枚のポストカードの他に、戸井氏のエピソード、
献花の際に流れたBGMの曲目が入っていた。

BGMにおいては、戸井氏のi-Podに入っていたものらしい。

戸井十月001.jpg 戸井十月004.jpg 戸井十月005.jpg

戸井十月002.jpg 戸井十月003.jpg

『見送る会』の主催者たちは、戸井氏が亡くなったとは決して思っていないのだろう。
また旅に出たのだという思いが、これらに込められている。


スペイン語で『また、いつか会おう』を意味する言葉。

今、自分も言おう・・・

「Hasta la vista!」


戸井十月006.jpg



posted by 神井 夙 at 06:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

戸井十月の新たな旅立ちを見送る会

先月28日、肺癌で亡くなった戸井氏を送る会が
8月25日(日)、都内で行われる。

行かなくちゃ☆

toi_4.jpg

画像・下記、ミスター・バイクより


戸井さんの新たな旅立ちを送る会

作家であり、ライダーでもあった戸井十月さんが、平成25年7月28日亡くなった。
平成23年、肺癌の告知を受けて以来、癌との闘いを続け、そして表現者である戸井さんらしい活動を続けてきた。


「癌に勝ったら、オレはもう一度、あのバハの原野に立ちたいんだ。そして、仲間と一緒にバハ1000を走りたいんだ」

その夢は、平成23年の11月に叶った。練習走行で転んでしまって、本番は走れなかったというオチは付いたけれど……。それでも戸井さんは、かつてコテンパンにやられたバハの原野に、もう一度立ったのだ。

その後も精力的に活動を続けた。今年2月にはブラジルへも取材に行った。それは、ドキュメンタリー番組『リオの挑戦──スポーツが人と街を変える』としてまとめられた。この番組は8月18日(日)15時〜15時50分に再放送される。

しかし、残念だが急激な様態の悪化により永眠した。

“戸井十月の新たな旅立ちを見送る会”が開かれる。戸井さんと一緒に旅した相棒・アフリカツインや想い出の品、写真が飾られるという。

「地べたを這うようにバイクで旅する。そうすると見える風景がある、現実がある、そしてそこに根を張る人々に出会える」

今頃は、もうどこかを走っているのかもしれない。




戸井十月の新たな旅立ちを見送る会 (以下は、ご親族より)

「ありがとう。おかげでまだ死なずに済みそうだ」
2011年7月、肺癌寛解時に私たちに手渡してくれた最後の本『道、果てるまで』の裏表紙に書かれた言葉です。2年4ヵ月、戸井十月は病気を病気とせず、明るく前向きに闘ってきました。

「今までで一番すごい冒険をしてしまった。自分のやってきた事がちっぽけに感じる」
最後の1ヵ月半、体が思うように動かなくなった彼が言った言葉です。

「この先にも、道はあるのかって? もちろん、あるさ」

2013年7月28日午後0時20分。
戸井十月は、多くの友人に見送られ、また新しい旅に出発しました。Hasta La Vista!

「戸井十月の新たな旅立ちを見送る会」を下記の通り執り行います。

2013年8月7日  戸井鈴子  浅野(戸井)紅子  誠 文四郎

        記

時  2013年8月25日(日) 13〜15時
所  千日谷会堂
   東京都新宿区南元町19  TEL 03-3353-4541(代)
   (JR総武線 信濃町駅下車 徒歩1分)
posted by 神井 夙 at 07:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする