2014年09月25日

2014年 稲刈り&種蒔き

【2014年09月23日(sun)】
地球元気村イベントの模様。

思えば多分、生まれて初めての稲刈り。

学生の頃にやったような記憶は、
遺跡調査のアルバイトで伸びきったススキを刈ったものだ。

その経験も含めて、日本の原風景的な懐かしい感覚。


20140923_ (14).jpg 20140923_ (21).jpg 20140923_ (13).jpg

20140923_ (9).jpg 20140923_ (3).jpg 20140923_ (17).jpg

20140923_ (5).jpg



午後からは種蒔き。
来年の収穫が楽しみである。

20140923_ (10).jpg 20140923_ (19).jpg 20140923_ (22).jpg

20140923_ (24).jpg 20140923_ (4).jpg 20140923_ (23).jpg

20140923_ (2).jpg
posted by 神井 夙 at 01:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

福生バーガーmeeting

 
自分たちは会社の近くだから良いけれど
相模原や横須賀からお越し下さった仲間の皆様、
ありがとうございます☆ 
 

20130618 (2).jpg
 
20130618 (3).jpg 20130618 (4).jpg 20130618 (5).jpg
 
20130618 (6).jpg 20130618 (7).jpg 20130618 (8).jpg
 
20130618 (9).jpg

また集まりましょうね♪


posted by 神井 夙 at 22:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

ピースサイン襷 受け渡し

 
昨年の7月、埼玉県在住の方から自分が受けた襷は
ひろりん、まめきちさんの手に渡り、次の引き取り手がやっと決まった。

まめきちさんと住まいがあまり離れていない周さんが
自ら名乗り上げてくださったのだ。

立ち会いとして、自分も参加する事にした。

まめきちさんが仕事の為、
まず、ゆき姐と相模原市内で合流し、彼の職場に向かう。

自宅の東京都下から彼の職場の瀬谷を経由して
宮ヶ瀬湖へ向かうという、なんともムダなルート・・・。

まっすぐ向かえば1時間とかからない場所へ
4時間かけて向かった。

すでに来ていた周さん、ヨージさんと合流。
無事に襷を受け渡せた。

CA3K0984.jpg CA3K0987.jpg CA3K0986.jpg
 

CA3K0985.jpg


んで、〆は何故か、まめ&ゆきに秦野市まで連れられて
海老クリーミーラーメン。

CA3K0988.jpg


襷を渡せて良かった♪
海老クリーミーラーメン美味かった♪


けど・・・

俺の休日、こんなんでいいの?
と、疑問の残る一日でもあった。


posted by 神井 夙 at 22:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

ピースサイン

 
自分がバイクに乗り始めた頃、
山道やツーリング先で、すれ違うバイク乗り同士のサインがあった。

ピースサイン手(チョキ)

バイク乗り同士、お互いの安全を祈りつつ、
楽しく乗ろうよ♪・・・という意味が込められている。

ピースに限る訳ではないが、手を上げたりなど
すれ違いざまの一瞬の挨拶は嬉しかったものだ。


今でも無いわけではない。
ただ、非常に少なくなって来ている事は間違いない。



数年前、
『ピースサインを復活させよう』という内容のバイクコミュを知り
入会してみた。

特に、それに即した大きなイベントがあるわけではないが、
少なからず、その気持ちを持ち合わせている人たちが集まっている事は事実。


そんな中、九州から発信した大きな黄色いタスキが
各地のメンバーの手から手へ渡り、先日、自分の手元に届いた。

タスキリレー

タスキに書かれた一言一句を読んでみれば
想いはひとつなのだと感じる。


他人に迷惑をかける事無く、楽しく、安全に☆

自分もそんな思いを込めて
タスキにヒトコトを添えた。




posted by 神井 夙 at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

PEUGEOT

peugeot_308_cc_275.jpg


友人のオープンカーを運転させて貰った時、
こんな車も良いなぁ・・・と思ったものだが
自分のカーライフスタイルを考えると
まず無理だという結論に達して諦めていた。


うちの車である条件として・・・

@最低5人乗車出来る事。
Aシステムキャリヤが搭載可能な事。


オープンではそのどちらも条件を満たしていない。

かといって、もう1台増やすほどの経済的余裕など
あるはずもない。

その上、そこまでの欲求も無かったから
候補としてはランキング外だったのだろう。



そんなとある日、友人から小包が届いた。

バレンタインと誕生日の近くであるので
どちらを考慮して贈って来て下さったのか、
いずれにしてもプレゼントは嬉しいものである。


きれいに梱包されたその中から現れたのは・・・



20120216_003.JPG


『PEUGEOT』って書いてあるよっグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)るんるん


20120216_004.JPG

この刻印は間違いなく本物の証し☆



でも・・・


20120216_006.JPG

オープンカーじゃないな・・・これは・・・。
乗れるサイズでもない。



20120216_005.JPG 20120216_002.JPG 20120216_001.JPG


車を撮影するようにアングルを変えて撮ってみたけど
やっぱり、これが限界だった(笑)


骨なしマスター、いつもプレゼントありがとうございます☆

posted by 神井 夙 at 07:20| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

海月食堂・レーヴ・ダムール コラボレーション

 
毎年、有難い事です☆

遠い地の、しかも数年間会っていない友人たちは
この季節になるといつもサンタクロースになってくれます。


そして何よりも嬉しい事は
彼らのプレゼントのすべてが
手作りという事なのです(笑)





海月食堂のマスターレーヴ・ダムールの店長
心より、ありがとうございます♪

また、奇襲に伺いますね☆

posted by 神井 夙 at 19:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

祈り





世界中が日本を応援してくれている。


我々日本人は、いつの間にか文明国≠ナあるのだと
発展途上国に対して上から目線で接していなかったか?

地球上に生息する生き物たちは、自然の猛威にはすこぶる弱い。
この共通点だけで、世界中の人たち・・・生き物たちは平等なのだ。

彼らの応援をまっすぐに受け止めて
私たちは必ず復興しなければならない。


変なパニックや買い占めなどのセコイ日本人の実体は
辛うじて世界には知れ渡っていない(笑)

世界中の人たちが信じている日本人はスゴイ≠
やってのけてみようではありませんか☆




posted by 神井 夙 at 17:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

kumaさんから

 
バレンタインの友チョコというより
恐らく誕生日のプレゼントが届いた☆

kumaさんから


やったぁー♪

いつもお気遣いありがとうございます☆


昨年は訪問できなかったから、今年こそ☆☆







posted by 神井 夙 at 06:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

☆Merry Christmas☆


今年も来てくれたサンタさん2名。

子どもの頃に来てくれた肉親のサンタクロース以外で
中年になってからふたりのサンタさんを迎えられるのは
世界には恵まれない子供たちがいるというにも関わらず
やっぱり嬉しいものであるヽ(^▽^)ノ♪


CA391148.jpg CA391147.jpg


骨なしマスターkumaさん
いつもありがとうございます☆

今年は遊びに行けなかったので、来年こそは☆



posted by 神井 夙 at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

おさかな天国


久しぶりに聞く個別設定したメール着信音に
「お♪」と跳ね起きた。

兵庫県のパン屋さんの友人からだ。
『多分まもなくパンが届きます』という内容。

その下に続く文面は
『プレゼントつきですのでタンデムしてあげてください』
とある。



タンデムするプレゼント??


季節は夏。
タンデムと言えば・・・。

海に沈む夕陽をわき目に見ながら海岸線を走るバイクのシルエット。
タンデムシートには美少女が長い黒髪を風になびかせる。

というのが定説だ。

美少女のプレゼント・・・
嬉しいけど保管に困るな。


チャイムが鳴った。
クロネコなお姉さんが箱を抱えて立っていた。


人が入っていると仮定するにはちょっと小さい。
いや・・・、空気を注入するか何かの液体につけると
膨らむタイプなのかも知れん。


箱を開けると大きなパンの包みの下から
丸められている緑色の物体。

「空気に触れただけで膨張するヤツかも知れんな☆」



丸まっている物体を開いてみると・・・




続き・・・気になる?
posted by 神井 夙 at 14:26| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

V.D & B.D


遠くの街で 僕の存在を意識してくれる人たち・・・

やっぱり嬉しいですね♪


今回は、骨なしさんの他にも
種子島の友人がプレゼントを贈って下さいました☆

いつもありがとうございます揺れるハート


100214(sun) 003.JPG 100214(sun) 004.JPG


そー言えば、kumaさんにもお返しがまだだった・・・あせあせ(飛び散る汗)

posted by 神井 夙 at 18:21| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

おーきんぐのお供


雨戸を閉めようと1F和室の障子戸をあけると、
自宅入口付近にいた女性黒猫隊員と目が合った。

『僕?』というように自分を指さすと、
どうやらそのようだったので玄関へ行く。

09年02月18日(thu) 001.jpg

差出人と季節がら、誕生プレゼントを贈って頂いたのだと
ウキウキしながら家の中へ戻る。


毛糸?.JPG


・・・毛糸?・・・

なんだろう?



09年02月18日(thu) 002.jpg

おおっ! これかっ☆


『おーきんぐのお供に・・・』との事。

ワケあって、しばらくお休みしているが
夜な夜なwalkingをしていた事へのお心遣いだ。

夜歩いたり走ったりするのって、この季節は耳が痛いほど寒い。

バンダナを巻いて異様な恰好で歩いていたので
これは非常に素敵なお供になる♪

骨なしマスター、ありがとうございます☆


もう少ししたらリハビリがてら、おーきんぐを復活しますので
その時は有り難く使わせて頂きます(^-^)♪

 

でも何気に嬉しかったのは
この『飛び出すビックリ目のクマ(?)』

09年02月18日(thu) 003.jpg




 

posted by 神井 夙 at 21:59| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

爆弾

 
『小型バクダンを送ります』



犯行予告ともとれるそのメールを受信したのはつい先日の事。

最近は小型とはいえ侮れない。
その威力たるや、ひとつの街を軽く消し去る。

ましてやうちの近くには米軍基地もあり、
その敷地内に誘発させる物体が存在しないとも言い切れない。


投下の日程は明らかにされていなかった。
これは心理戦も兼ねているのか!?

なかなかの策士と思われる・・・。


犯行予告から数日、家の郵便受けに通知があった。
電話番号が書かれており、震える手でその番号にかけてみた。

4回目のコールで相手が出た。

「近くにいますので、すぐ向かいまーす」



な、なんと!?



1分もしないで家の外で車のドアの音が・・・。



そして、運命の瞬間爆弾










キムチ三種.jpg




お届けにあがったのは、女性黒猫隊員。
小型爆弾は実は『激辛バクダン』だったexclamation

・・・と思いきや、食べてみると仄かな甘さもあって実に美味☆
白菜キムチの他に、初めての味のイカキムチとタラコキムチるんるん

昔、テレビで観たのだが、韓国の人が
「日本のスーパーで売ってるキムチは
辛いだけで旨味がない」って言ってたけど
コレを食べてみると、その意味がよく解かる。

これが本当のキムチの味なんだ!!


『神戸キムチ屋韓八商店きむちばあちゃん』の商品。

びわんちゅさんからの贈り物でしたるんるん

ありがとうございます☆
しばらくは、白飯だけで楽しめそうです(笑)

 



posted by 神井 夙 at 00:41| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

Jellyfish−Santa

 
♪ク〜リスマスは今年もや〜って来る〜♪

子供たちがくちずさむのは、山下達郎氏の歌ではなく
奥様の竹内まりやさんの歌の方だ。



不況の波が世界中を覆いつくし、雇用問題がクローズアップされた今月、
とてもクリスマス気分なんかじゃあるまい・・・そう思ってはいたが、
それでも夜の街はイルミネーションに輝いている。

先週あたりから異常な忙しさに突入。
人件費削減を理由に人員を減らされたので尚の事忙しい。

当然クリスマスなどを楽しもうとする余裕もなく
イブの当日、仕事の帰りにショッピングモールへ寄って
何とか子供たちへのプレゼントを間に合わせた次第である。


そんな日、自分にも二人目のサンタさん来日☆





遠方の主婦の方も言っておられるように
最近のサンタさんは現代に沿ったシステムを汎用するようだ。

骨なしマスター、いつもありがとうございます☆

三女は目をキラキラさせてましたよ(笑)


posted by 神井 夙 at 23:49| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

miki-santa


『うちが不在らしい』と某宅配業者さんから連絡が入ったようで
心配に思った送り主さんよりメールが届いた。

たまたま出かけてた時に納品にきて
しかも不在連絡票にも気付かなかったのだろう。

その理由とお礼を述べ、宅配業者さんに連絡を入れてみますと返信した。


宅配業者さんは、その営業所のエリアの中でも
各ドライバーの担当地区が決まっている。
勤務シフトの関係で配達する人が代わっても
配送車とケータイはそのままだ。

で、自分の地区を周ってくる人のケータイにかけてみた。
住所と名前ですぐに判って貰えたので
夕刻以降に再配達をお願いする。



そして夜・・・







 


届いたのは、サンタさんからの少し早いプレゼント☆



今年もありがとうございます、kumaさん

 



posted by 神井 夙 at 09:53| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

海月食堂 奇襲攻撃作戦(帰路)

三宮ICより高速道路に入った。

進路を東へ☆



当たり前の話だが、昼間の高速道路は周りの風景を楽しめる。

夜間走行は、路面と前を行く車のテールランプしか見えないので
おとといの深夜から昨日の朝まで走ったルートの記憶と
今走っている逆ルートの風景が全然一致しない。


所々のオービスと覆面車に気を配りながら
状況に応じてスピードアップ。

オフロードベースのこの車両は、高速走行にはあまり適していないものの
小気味よく加速してくれて、車たちを難なく後方へ追い払ってくれた。


大津SAでトイレにより、何故か京都土産を買い再び出発。


陽が傾くにつれ、路面に長く映し出される自分の影。
まるで自分の影と一緒にツーリングしているようだ。



西から東へ向かう時、正面に大きく南アルプス連峰が立ち塞がる。

どちらへ避けるか・・・。



『八王子付近 事故渋滞16キロ』
の表示が目に入った。


東名で帰ろう☆


名古屋を通過する頃には、もう真っ暗。

小牧JCTを右へ。
東海道ルート。


17:30
上郷SAにて休憩。

08年10月19日(sun) 011.JPG



『名古屋の手羽先が食べたい』とリクエストがあった友人に土産購入。

これだけ長い距離となると、各地の名産物をかき集められて楽しい♪
ただし、バイクでは持ち帰る量に限界があるが・・・。




隣に停まっていた1BOX車の同年代くらいの男性に話しかけられる。

「なんていうバイクですか?」
「ホンダのトランザルプです」

その男性、今は250ccクラスのオフロード車に乗っているらしいが
大排気量のオフ車に乗り換えたいとの事。

しばらく話し込んだのち、同行の車とともに
手をあげて走り去って行った。

何気ないこんな一期一会が楽しい。




太平洋に面する東名高速道路は、海からの風が時々強く吹き付ける。

いきなり横風を浴び、バイクが弾かれる事しばしば。
ハンドルを押さえつけるようにして走る。

わかりやすく言えば、運転しながら腕立て伏せをしているようなものだ。



静岡県清水付近。

昼間なら真正面に富士山がそびえる絶好のビューポイント。
残念ながら完全に陽が落ちたこの時間帯ではだたの闇が広がるだけ。

富士ICより西富士道路へ入る。
そのまま見えない富士山の西側を北上する。

この辺は見えなくても慣れた道だ。
家まではまだ150kmほどあるが、もう帰って来たくらいの感覚である。


燃料計の針が『E』の目盛りの下を指していた。
慣れるまでは焦りまくったが、この位置でもあと3リットルあるはずだ。
50kmは走れる。

スタンドを探すが、夜の8時を過ぎると富士宮道路沿いの店は
ことごとく閉まっている。

河口湖付近までもつか?


慣れた道ゆえに、あとどれくらいで栄えている所へ出るのかが判る為、
かえって不安になる。

スタンドがいくつか現れる。価格を見ながら通過。
一番最初に通過したところが一番安かったけど戻るにはもはや遠すぎる。

仕方がないので現在位置に一番近いスタンドで、帰れる分だけ給油した。


大月ICより中央道に入り、一気に家まで走った。



22:00
帰宅





10/18〜20の
総走行距離:1,308.5km

使用燃料量:71リットル
燃費   :18.43km/リットル




遠方のご友人の皆様、ありがとうございました☆
また会う日まで♪




【2008年10月21日(mon)】

前輪タイヤ交換

08年10月20日(mon) 001.JPG
posted by 神井 夙 at 21:26| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海月食堂 奇襲攻撃作戦F

【2008年10月19日(sun)】

7:00
ホテル四州園の一室にて目覚める。

風呂入ったり、荷物の整理やらで昨夜は2時ごろの就寝だったが
前日はまるで寝てなかったので、スッキリと眠れた感じ♪


08年10月19日(sun) 001.JPG




夕べ、あのまま帰ってたら高速道路の路面に
バイクごと寝てたかもな・・・。

ある意味、ぐっすり眠れそう・・・。


さて!

海月食堂の開店は正午からだから、午前中は丸々自由時間。
このホテルのチェックアウトは10時らしいから
それまでここでのんびりして、ハーバーランドあたりで
家と仲間にお土産を買って来よう。

まずは朝食にレーヴ・ダムールで戴いたパンを数個。

kumaさん、ありがとう☆
朝から飢えずに済みました(’_’、)




10:00
チェックアウト。

四州園は乗用車3台までが駐車可能。
昨夜、チェックインした時には既に3台の車で駐車場が埋まり
自分のバイクはその裏に、通路から四苦八苦して入れたのだった。

今朝はその3台もなくなっていて、そこから容易に脱出。
外して部屋に持ち込んでいたサイドケースをバイクの両脇に装着し
押して歩いて海月食堂の前の路上に停め、
そこから歩いてハーバーランドへむかう。

2年前にホテル・ニューオータニに宿泊した時にも歩いた道。
何だか懐かしいな♪

ハーバーランドの店も11時頃の開店なのでちょっと散歩。


08年10月19日(sun) 003.JPG 08年10月19日(sun) 004.JPG 08年10月19日(sun) 005.JPG

08年10月19日(sat) 006.JPG 08年10月19日(sun) 007.JPG




僕が神戸滞在の際、海月食堂の次に長い時間いる場所。


昨日も何やらイベントをやっていたが、今日はフリマもやってる♪
賑やかだ。






その後、『MOSAIC』をウロチョロしてお土産購入。


正午に近くなったので海月食堂へ。

人が働いているところへ乗り込んで行くのって
気は引けるのと、自分が社会から疎外されたような感じが
また心地良かったりする。

これが数日続くと不安になってくるのがまた心地良い。
転職する際のフリーの状態の時に味わった事がある。



08年10月19日(sun) 008.JPG


今日はWakkyさんご夫妻が会いに来て下さるという。
人が働いているところへ奇襲攻撃を加えるような
卑怯な男のお相手をして下さるとは嬉しい限りである。




Wakkyさんご夫妻、ご来店。

ブログ上で交流があるせいか、1年半以上ぶりなのに
つい最近も会った事があるような錯覚に陥る。

談話しながら一緒に食事。



08年10月19日(sun) 009.JPG

今日の昼食:「麻婆豆腐丼とラーメンのセット」




隣を見ると・・・
Wakkyさんは『坦々セット』
Wakky夫人は『冷製坦々麺』


う〜ん・・・
こっちも美味しそうだったな・・・



7さんからメールが入った。

7さんメール:「もしかしなくても神戸にいらっしゃいます?」

神井返信  :「もしかしなくても海月食堂にいます。来る?」


という訳で、7さんと学生時代のご友人も後でみえる事に。



人が働いているところへ奇襲攻撃を加えるような
卑怯な男のお相手をして下さるとは・・・。
(・・・ってさっきも書いたよな・・・)



いつの間にやら店内は他のお客様で賑やか。
7さんたち、マスターの彼女も来て頂き、
カウンター席もにぎやかだ。


昨夜帰ってしまっていたら会えなかった人たち。
なおみさん、マスターのご指導のもと、宿泊して良かった♪





14:30
楽しい時間はあっという間に過ぎてゆく。

帰らなくっちゃ☆
7時間半はかかるだろうし・・・( ̄□ ̄;)


7さんたちはケーキを喰らい・・・食べに。

Wakkyさんたちに見送られて、神戸を発った。



ありがとうございます、皆様☆ 










posted by 神井 夙 at 10:32| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

海月食堂 奇襲攻撃作戦E

 
神戸電鉄三田線に沿って走る道を北上。
この道沿いに『いわしや』さんがあると聞いた。

そこを訪れてみるつもりだったのだが・・・

とある交差点にさしかかった時、
『三木』という文字を見たとたん反射的にそちらの道へ。

蛇行したかすかな起伏のある道を、どうやら西へ向かっている。
太陽の位置がそう教えてくれている。

詳しい地図を持たないので自分が今どこを走っているのか
まるで見当がつかない。

普段、車のナビにすっかり頼り切っているからなぁ・・・
現在地が把握できないと何とも落ち着かない。
かつてはこんな事を面白がってたのに
不安に感じるとはヤワになったもんだ。

これでバイクにさえナビを導入しようもんなら
まるっきり勘の鈍いヒトになってしまいそう・・・

昔ながらに、道に迷ったらタンクの上に地図を広げて
周りの景色を見渡すのが、正しいバイク乗り♪

そうそう!
そんなのに憧れたのも、バイクに乗ったきっかけ。



走行している道の左手に低い山並みが連なる。
おそらく、目的地はその山の向こう側。
それくらいの認識しかない。

地名はほとんどわからないので、適当なところで左折し山を越えた。

その先で渋滞し始めたので、脇道を右折。
ぐちゃぐちゃと民家の間の狭い道を走る。
犬を連れたオジサンが不審そうにこちらを見る。

気にしない気にしない♪

『みどりがおか』に出た。
ここ、朝通ったところだ☆

後で地図を確認すると、かなり無駄なルートだったようだが
その時の自分にはそれが最良の選択。

そこからレーヴ・ダムールへは迷う事無くたどり着いた。


今度は開いてた☆☆


店に入る。
あ、kumaさん見っけ♪

「こんちは☆」と言いながら手を振った。

怪訝そうにこちらを窺うkumaさん。

あ〜・・・。
きっと誰だか判んないんだろうな。
また髪の毛つぶれてるし・・・。



kumaさん:「どうしたんですか?」

神井    :「ちょっとパン食べたいなぁと思って♪」


話をすると、どうやら覚えてくれていたようである。

良かった黒ハート


まず、家まで持って帰れるかを訊ねてみた。

形の崩れやすいものは無理だろうとの事。
保冷シートと保冷剤で完全防備にしてくれたロールケーキと
コレを買いに来たといっても過言ではない『ちびクロ』購入。

「途中で食べて下さい」と、また大サービスして貰った。

いつもすみません。
でもきっと、帰り道で食べきれる量ぢゃないです。

家族が喜びます(^−^)♪


ちょっとだけしか居られなかったけど、
レーヴ・ダムール奇襲攻撃のミッション完了☆



神戸に向かった。






時刻不明(おそらく18:00頃)
海月食堂:着

さてここで夕食だぁ。

前日から僕のブログにコメントをしてくださっていた
なおみさんがみえるという。

『深夜からツーリングに出かける』という内容の記事に
いち早く反応した彼女、何とも底知れぬ洞察力があるというか、
他人の行動なんか手に取るように解ってしまうのではないかと
思えるくらい鋭い眼力を持つ女性だ。


なおみさんご来店♪
お久しぶりですね(^−^)♪

う〜ん、やっぱり☆
マスターとの会話を聞いていても、才女である事が窺われる。

本来なら、僕ひとりで勝手に来たのだから
今宵はひとりでカウンター席の片隅にひっそりいるところだったのだが
お陰様でひとり淋しくいるはずの時間を回避できた。

自分の中では楽しんでいたつもりなのだが
やはり不眠で約2日間を過ごしていると顔に出るらしい。

しきりに気を使って下さり、日帰りする予定を却下された。

近くのビジネスホテルに連絡を取っていただき、
飛び込みでチェックイン。



海月食堂に戻ってからも『まだ寝ないの!?』と(^^;)


自分でも気付かないうちに
やっぱり疲れが顔に出てるんだろうなぁ〜


僕がここを出るまで、なおみさんも気を使って帰れないみたいだたらーっ(汗)


「では寝ます」

という事で今日はおひらき☆


明日、また伺いますとスタッフの方々にご挨拶してホテルへ戻った。



時刻?

ん〜〜〜〜〜・・・

もはやわからない(^^;)

 




posted by 神井 夙 at 08:02| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

海月食堂 奇襲攻撃作戦D

有馬街道を北へ。

今朝、途中まで走って来てるので既に見慣れた景色。
お昼過ぎの程よい車の流れに巻き込まれながら走る。

まだ紅葉には早いな。

ひたすら上り続ける道の両脇に広がる木々は深い緑色をしている。


脇を原付がすり抜けていった。

クソ・・・
こっちは両サイドパニアケース付きの重装備なので
軽自動車並みの幅になってるため、すり抜け不可である。

道の勾配が下りに変わった。
住宅街が目の前に広がる。

この辺のどこかだなぁ、Wakkyさんとか北小池さんとか
ライナスさんとか・・・

どうしてるだろ、ライナスさん?


そんな事を考えながら走ってるとT字路にぶつかり、
骨なしマスターに教わったとおり右折する。

日本の風景って、基本的にはそんなに変化はないのだが
空気や陽光のせいか微妙にその土地の特徴を醸し出す。

いや・・・
そこに住まう人々の息吹のせいかも知れない。

穏やかな空気に包まれた。


『有馬温泉』の文字を追って進む。
やがて右折を示す看板が現れた。

急に温泉街に続く道の雰囲気になり・・・

15:00
有馬温泉郷に入る。




おお〜〜
温泉街だぁ〜いい気分(温泉)

狭い道の両脇に並ぶ温泉宿、独特の香り・・・

ひしめく旅行客が狭い道に広がり、車もなかなか進めずにいる。
その後ろにくっついてゆっくり走ってると、
どうも目につくようで視線を感じる。

基本、照れ屋なんであまり見ないでね♪


一番奥にあった『かんぽの宿』の駐車場に入る。
管理のオジサンに、もう少し近い場所に
停められる場所と、そこの料金を教えられた。

来た道を少し戻り中腹にある駐車場へ。


ケースの中から入浴セットを取り出し、金湯へ向かった。



08年10月18日(sat) 025.JPG



さて、ここからは映像で☆




と思ったのだが、どうやら湯場は撮影禁止のようだ。


入浴料650円

土曜日の午後とあって、かなり混雑している。


きれいだけどそんなに広くはない。
公衆浴場の施設としては適切な規模である。

僕がどこから洗うかなど、誰も興味を持たないと思うので割愛。


湯船に入る。

本当だ〜
赤く濁ったような湯は初めて見る。

手ですくい上げると、その中でも赤い粒子が見える。
かといって、風呂の底にそれらが沈殿している訳ではない。

一体どういう原理なのか??


30分ほどで出る。

服は着たものの、頭を乾かしているうちに
自分の使ってるロッカーの前に人が溜まってしまい
荷物が取り出せず、少し待つハメになった。

自分の服をロッカーから取り出して籠に入れて
自販機の前で着替えているオジサマがいた。

この方法があったか!



荷物を取り出し、ロビーへ。そのまま帰ろうかと
靴箱のカギを持って出ようとしたところ
アイスの自販機が目に付いた。


ちょっとだけ休んで行こう・・・

アイスを買って、あいているベンチに腰掛ける。


アイスを食べていると、ここの湯の効果が現われ始めた。

身体中が暖かい。額から汗が流れてくる。
さすが、あの赤い粒子が効果があるのだな、きっと。

そんな心地よさにしばらくの間、ボーっとしていた。


さ、行くかな☆

ゴミを捨て、靴箱へ。




・・・


・・・



あれ?

靴箱のカギ・・・


??





荷物いっぱいだから、どこかに紛れたか?
バッグやポケットに入れた記憶はない。


ほんの5mほどの距離で何が起きたというのだ!?

カウンターに聞いてみるが、当然『届いてない』と言われる。
そりゃそうだろう。
カウンターもすぐ目の前。
誰かがカギを拾ってそこへもって行こうとする前に
僕自身がそれに気づく。


じゃあ、カギは一体どこへ??



秩序だてて考えてみよう。

最初に帰ろうとした時は、確かに手に持っていたのだ。
で、アイスを買って、ベンチについたのだ。
で、アイスを食べてボーっとしてたのだ。
で、立ち上がってゴミを捨て・・・


・・・

・・・ゴミ?



ゴミと一緒に捨てたのか!?



いきなりゴミ箱を漁る訳にもいかない。
カウンターに断わりを入れ、ゴミ箱を隅の方へ移動し漁る。
上の蓋をあけた段階で、すぐに見つかった。

やっぱりココだったか!

最近、物をよく無くすな・・・
老化か・・・



ゴミ箱を元に戻しカウンターのご婦人に報告すると
向こうの方がホッとした表情を見せた。

お騒がせしましたたらーっ(汗)


違う発汗作用もあったようだが、気持ち良かったのでOKるんるん



バイクに荷物を積み、走り出した。

『いわしや』さん、探してみようかな♪





posted by 神井 夙 at 07:33| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

海月食堂 奇襲攻撃作戦C

 
【2008年10月18日(土)】

12:00
海月食堂

あらかじめ連絡した為、奇襲攻撃っぽくなくなってはいたが
それでも歓迎して頂き、カウンターで珈琲喫茶店




マスター、モス君、久し振り♪
初対面のちいさんも、わくわくさんっぽくて馴染みやすいキャラ☆


マスター:「昨日じゃなくて良かったですよ」

昨日の夜は、エラく忙しかったらしいあせあせ(飛び散る汗)



マスターの彼女、ご来店。
夜勤明けでショッピング中に、マスターに呼ばれたらしい。

お久しぶり♪ 浅草以来の再会☆
いつもニコやかで親しみやすい女性である。


そんな中、今日の昼食は・・・


08年10月18日(sat) 023.JPG


スープカレー♪





朝食を摂ってなかったので、わさび柿ピー以来の食べ物。

スパイシー&テイスティー♪



食事しながら談話がはずむ。


その中で『風呂に入りたい』というテーマに触れた。

なぜ僕が朝からこんな事にこだわるかというと
長距離を走って来て浴び続けてきた排気ガスを
洗い流したいのもあるが、
それよりも頭を洗いたい!

バイク乗りならほとんどの方が経験していると思うが
ヘルメットによって髪の毛がつぶれるのだ。

僕の場合、人相が変わるくらいに髪型が変化する。

イメージ的には『エロガッパ』


簡単に、某デパート内のトイレの水道で水をかぶり
軽く手櫛したけど、そんなもんじゃあ、とても・・・。


「有馬温泉へ行ってみては?」

という提案を頂いた。


今まで、自分の中では神戸市街地から遠いイメージと
ここでのスケジュール上、行く余裕がなかったので
全然考慮してなかったのだが、今日は機動力もあるし
時間もたっぷりある。

近くに、よくWakkyさんのブログ記事にも載っている
『いわしや』もあるという。
しかも、そこから三木市へ向かう裏道もあるとの事。

ハーバーランドのインフォメーションで貰った地図で
それらの位置確認と道順を教わった。



そろそろ海月食堂もお昼休みに入る時間。


14:00
『じゃあ行ってみますね』 って事で有馬温泉に向けて出発☆

posted by 神井 夙 at 07:50| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。